« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019/07/23

7/21 女性ボーカリストイベント vol.142

月に1回のイベントライブに出場です。

先月も出ましたが、つい最近のような感じです。本当に一か月経つのが早い!
おまけに今回は出演依頼が来たのが本番の4日前で準備の時間がなく大変でした。
でもやる気になれば、何とかなるもんで1日4~5時間で4曲分の耳コピできました。でもコピーはできてもそれをきちんと弾けるかというのは別問題で、そこは反復練習が必要です。何とか本番には間に合いました。

一人目の方
SLEEP MY DEAR
大不正解

Dscf9441
1曲目はギターソロのみ弾きました。ロングトーンを多用したメロディアスでとてもギタリストにとっては美味しいソロでした。
無駄な動きでシンガーさんはかなり邪魔くさかったと思います。すいません。
2曲目は歪んだギターのハードな曲でしたが、歌い手の希望で原曲からさらに2音上げたためエレキギターとしてはとても不自然な音使いでした。できることなら原曲でやってみたい曲でした。

2人目の方
恋する気持ち
気分上々

Dscf9561

一曲目はバラードでとても心に響く良い曲です。ずっとアコースティックサウンドのアルペジオです。
なかなかの難曲でしたがコピーしていて楽しい曲でした。
2曲目は軽快なファンク調の曲です。ギターはずっとカッティングでこういう曲はすごい久しぶり。
たまにはやってみたい曲です。クリーントーンにがっつりコンプレッサーかけました(笑)
最後はワウペダルでファンキーにいきましたが、ギターのボリュームが小さかったですね。。。

久しぶりにサンバーストのストラトを使いました。サウンドはとても良いです。

Dscf9426
私の最近の演奏ペースだとこのギター1台で全然用は足りるのですが、1本だけをずっと使っているとサウンドやルックスに飽きてしまうのが私の悪いクセ。やはりお気に入りのギター何本かを気分に合わせて使いたいです。そろそろレスポールもライブで弾いてみたいです。
いつも使っている会場のマルチエフェクターは、マスターが新機材導入のために売ってしまったので
自分のZOOM G1 fourを持っていきました。オモチャみたいに小さいのにサウンドは十分使えます。
アコースティックシュミレータを実戦で初めて使いましたが、なかなかのものでした。
来月8月はお休みするので次のイベントライブは9月です。今回ご一緒させていただいた皆様ありがとうございました。
そしていつもより写真のクオリティが数段良いのに気が付いたかもしれません。今回は久しぶりにハーパーさんに写真を撮ってもらいました。ありがとうございました。

2019/07/16

7/16 MUGENZA十勝音更ステージ

だいぶ遅れてからの更新です(汗)

十勝音更町での遠征ライブでした。MUGENZAでのゲスト出演です。
札幌から音更町まで車で4~5時間かかるので前日から十勝に入り、キャンプ場で一泊しました。

最近すっかりのめりこんでいるキャンプと遠征ライブが一緒にできるなんて最高です!私のわがままを無理して協力してくれた家族に感謝です
キャンプ機材とギター機材を車に満載して朝に札幌を出発しました。ところがこの日はあいにくの天気、おまけに午後に帯広市内に入ったときには大雨。。。

しかしキャンプ場、十勝川温泉にある「十勝エコロジーパーク」に到着したときには何とか雨は上がりました。
テントを設営しているときは雨は降りやんでいたのですが、芝生がたっぷりと濡れており足を汚しました。

Dsc_5856

直前まで大雨だったのでキャンプ場もキャンセルが相次ぎテントサイトはまばらでした。
この悪天候でもキャンプするのは、かなりのツワモノなのでしょうね。テントを張った後は近くの十勝川温泉に行きました。
温泉はホテル大平原の日帰り入浴。「ホテルテルテル、大平原~♪」のCMが私の子どもの頃に流行りましたが、最近は全く聞きません。
十勝川温泉街は全体的に施設の老朽化がけっこう目に見える感じでした。十勝の町自体も少子高齢化による人口減少の影響が感じられます。

温泉から出た後にまた一度大雨になりました。そして夕食を食べて夜にキャンプ場に戻りました。すぐ寝ましたが、夜中の2時ごろにすさまじい大雨で目が覚めました。テントは全く雨漏りの心配はありませんでした。さすがスノーピーク製!
次の日は快晴に恵まれました。本当はもっとキャンプ場でゆっくりしたかったのですが11時から音更町でこの日の演奏のリハーサルがありました。会場の音更町まで車で30分ほどと聞いていたのですが、途中で道を間違えてすっかり遅れてしまいました。会主の先生からはスマホに何度も着信が入り焦りました。関係者の方にはご迷惑をおかけしました。

会場の「音更町文化センター」に着いてからは、とにかく急いでアンプを片手に持ちギターを担いで猛ダッシュです。楽屋口が分からなかったので正面入り口から入り客席の一番後ろのドアから客席を通ってステージに上がりました。もうこの時点で汗だくヘトヘトです。リハーサルの順番を変更してくれたおかげで何とか事前に音を合わせることが出来ました。

本番までは4時間ほど空きがあったので、迎えのショッピングセンターに入っている帯広名物「インデアンカレー」を食べに行きました。
これは美味しかった!今のところ2019年度ナンバーワングルメです!

そして本番直前、下手舞台袖への通路で出番を待ちました
本日の機材というか、最近はずっと同じです。ブルーのストラトとBOSS刀アンプ。刀アンプの歪がとても良いのでシールド直結です。

Img_2698

出番の5分前に「さて最後のチューニング確認でもしようかな」とチューナーを見ると、電源が入らない。。。
焦りました。。。本番直前にチューニングができない。。。
電池切れでした。それにしてもすごいタイミングです。

Img_2699

何とか本番をこなしました。大きなミスもなく無事に終わりました。

Img_2704

Img_2718

主催の先生、関係者の皆様には本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

帰り道、来た時と同じく高速道路は使わずに日勝峠ルートで帰りました。
峠の頂上付近は濃霧で視界がかなり悪く、とても怖い思いをしました。
何事もなく無事に札幌に戻ってきて安心しました。

密度が濃い一泊二日の十勝遠征ライブでした。

2019/07/02

6/30 女性ボーカリストイベント vol.141

二か月ほどお休みしていましたが、今回久しぶりに毎月のイベントで演奏させていただきました。

2名分4曲で演奏しました

いつもとは違うカメラアングルです。

Img_9405
一人目の方は「明日への手紙」という曲と「逢いたくていま」を演奏しました。
1曲目はとても良いバラードでメロディーが頭に残ります。クリーントーンでずっとアルペジオでした。
「逢いたくていま」はこのイベントで2回目でした。かなりの難曲で複雑なコードがすごいたくさん出てきます。
前回も苦労しましたが、今回も大変でした。まあ基本はピアノの曲なので音量を小さめにしてごまかしました。
エンディングにかなりカッコいいサックスのソロがあるのですが、
リハの時にTKさんにあごでうながされ、たっぷり弾かせていただきました。
なかりテキトーなソロでしたが、弾いていて気持ち良かったです。
余談ですが、この曲は亡くなった人を想いながら、いまもう一度逢いたいというメッセージをのせた曲で、
MISIAの素晴らしい歌唱力もあり、ものすごい名曲だと自分は思っています。私は母が亡くなった3か月ほど後でたまたま動画でこの曲を聴いて、恥ずかしながらすごい涙した記憶があります。(←以前もどこかで書きました)
やはり多くの人にとっも、この曲の影響力は同じく大きいようで、YOUTUBEの動画のコメント欄には、配偶者や親、恋人、兄弟、自分の子どもを亡くした多くの人たちが、亡くなった大切な人へのコメントを残し、もう一度逢いたいとメッセージを送っています。その一つ一つが本当に悲しく、切なく、また感動的でギターの練習そっちのけでずっとそのコメントを読んで一人で泣いていました。音楽は素晴らしいです、この曲に出会て感謝です。

 

Img_9417
2人目の方は「あなたのキスを数えましょう」と「Beautiful」
1曲目は後半にギターソロがあるので感情的に弾きましたが、ちょっとうざかったようです(笑)
2曲目は元気いっぱいのロックソング、ギターの出番がたくさんあって楽しかったです。

写真は撮り忘れましたが、今回もベースの赤川さんとご一緒させていただき多くのことを学ばせていただきました。
楽曲に溶け込むグルーブとほかの演奏者リラックスを与える安定感はさすがでした。

ギターはアメリカンプロフェッショナルストラトキャスター。
最近とても良い音になってきました。特にフロントとセンターのシングルコイルのトーンがお気に入りです。

今年の夏はそれほど、演奏の機会は多くはありません。少し寂しいですが他のことを頑張ります!

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »