« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019/05/22

2019-5 藻岩山登山記

大型連休が終わった5月、ようやく藻岩山の雪も解けたのでさっそく山登りに行ってきました。

慈恵会口の登山ルート入り口です。私の場合、長い坂道を自転車を押しながらここまで来るのが実は大変だったりします。
汗もかくし呼吸を整えないとこの先へ進めません。

Dsc_2886

久しぶりの森林浴は気持ちが良かったです。
ゆっくりと自分のペースで歩を進め、大自然の息吹を感じながらリラックスできます。

Dsc_2887

野花も咲き始めています。この時期の登山の良いところは虫が少ないことですね。

Dsc_2892

およそ半年ぶりの藻岩山登山でしたが、さすがに久しぶりということで後半は息が上がり汗だくでした。
運動不足のなまった身体にはきつかったです。登りに1時間以上かかってしまいました。
それでも山頂からのこの景色はやはり格別です。。

Dsc_2899_1

私は普段、清涼飲料水の類は飲まないようにしているのですが、この時ばかりは展望台の自動販売機でカルピスソーダを買って一気飲み。これがまた最高に美味かったです。

この久しぶりの登山は連休明けすぐでした。
この2週間で同じ慈恵会口ルートから、この時含めて4回藻岩山に登りました。

朝早くに登って帰宅してシャワーを浴びて出勤するというパターンでした。
なぜ頻繁に登っているかというと、理由がありまして。。。

それは次なるステップアップとして手稲山登頂を考えており、そのトレーニングとして最低5回は藻岩山を登ってからという誓いを立てたのです。徐々にスピードとペースを上げ、休憩も減らし身体に負荷もかけています。一眼レフカメラに一番重いレンズもつけて登っています(笑)
そのおかげで最近はそれほど息が上がらないようになったし、何よりも運動するのが気持ちよくなりました。
この2週間での藻岩山の緑の変化がすごいです。

ほぼ同じ場所で撮りましたが2週間で確実に緑が濃くなってます。虫も増えてきました。

Dsc_2891

Dsc05019

いつ登っても山頂からの眺めは格別です。

Dsc05038

南区方面。私が通っていたM高校が見えます。

Dsc_2920

次のターゲット、手稲山。山頂付近に雪が残っているのでもう少したってからの方がよさそうですね。

Dsc_2925

そして支笏湖方面。はるか遠くに見えるのは美笛キャンプの時に対岸にそびえたっていた恵庭岳。
手稲山を制覇した後はここでを目標にしたいです。焦らずに地道にやっていきます。

Dsc_2922

身体を動かし汗をたくさんかいて、心肺能力も鍛えられ健康には良さそうなのですが
その反面、かなり腹が減るので登山の後は大量に食べてしまいます。
せっかく運動しているのに意味がないですね。
これには気を付けなしといけません。

2019/05/13

2019 桜だより(3)

3回目、2019年最後の桜だよりです。
毎年必ず訪れている南円山の住宅街の中にある「南5条桜通り」の八重桜が満開になりました。

ここは例年遅咲きで、ピンク色が強い花が特徴です。

Dsc_2930

2日ほど前に地元の情報番組で紹介されたらしく、例年よりも人が多かったです。
もうすっかりメジャーになってしまったようで、昔のような知る人ぞ知るという感じではなくなってしまいつつあるのが少し残念です。

Dsc_3012

圧倒的な花量は見ごたえがあります。

Dsc_2960

Dsc_2966_1

いつも樹の下でお弁当を食べながらゆっくりとするのですが、今年はなぜか忙しくそういう時間が取れなかったのが心残りでした。
でも一年はあっという間。こういう年もたまにはあるということで来年ゆっくりしたいと思いこの場を後にしました。

Dsc_3017

 

2019/05/06

2019/5/4-5 令和初キャンプ~支笏湖美笛キャンプ場

昨年の暮れごろから突如としてアウトドアに目覚めました。
これまで藻岩山にも定期的に登山していたし、アウトドアには全く興味がなかったわけでないのですが
同じ職場に大のキャンプ好きがいまして、その彼にすっかり感化されてしまったわけです(笑)

しかし厳しい冬がある北海道は雪が解けて春にならないとキャンプできません(その彼は冬期間も雪上キャンプしていましたが。。。)
一か月前から入念な計画を立てて、このたび高校生以来20年ぶりのキャンプです。ほぼキャンプデビューと言ってもよいかもしれません。

場所は支笏湖美笛キャンプ場、もちろん初めての場所です。
景色が素晴らしい!

Dsc_2821

今回は私の家族のほか、知人6人、現地で合流した別のファミリーも加え
多人数でのパーティーキャンプでした。念願かなったキャンプでテンションも上がります。それも絶好の快晴に恵まれました。

この日のために、テントはじめキャンプグッズを買いそろえました。キャンプは道具をそろえていく楽しみもあります。
でも調子に乗って買い物しすぎました。キャンプ前はほぼ毎日アマゾンから荷物が届く始末。この月のクレジットカードの支払いがとんでもないことになっていました😞

これからのキャンプライフを共に過ごす相棒(テント)です
スノーピーク「アメニティドーム」。とてもお気に入りです

Dsc_2831

現地に到着したのは昼過ぎでしたが、天気も良く景色も最高だったので到着早々ついつい早い時間からビールを飲んでしまい、テント設営の頃はかなり酔っぱらってしましました。最もおいしいテント設営作業は知人のサポートで何とか終わらせ焚火台への墨入れも知人たちに全部やってもらうという失敗が続きました。正直あまり覚えていません。それくらい楽しく飲ませていただきました。

美笛キャンプ場は「湖」と「山」の両方を楽しむことができます。湖畔に居を構えることもできたのですが風が少し強かったので山というか森の中に設営しました。我々のグループです。

Img_2138

ちなみにこちらがキャンプの達人の道具です。

Dsc_2834

キャンプの楽しみの一つ、バーベキューと焚火です。

Img_2145

外で食べると本当に美味しいですね、牡蠣のほかにもホッキ貝が絶品でした。
この後もかなり飲みました。焚火を囲みながらおだやかで幸せな時間が流れます

Img_2143

さて、就寝の時間。5月上旬と言えども北海道の夜は冷え込みます。
キャンプの先輩たちから「防寒対策はしっかり」とずっと言われていたので入念に準備をし床に就いたのですがやはり寒くて朝方途中で起きました。
その時にトイレに行ったのですが、朝焼けがとてもきれいでした。
支笏湖は夕焼け、朝焼けの景色が見ごたえあると評判です。美笛は朝焼け、その対岸のモラップキャンプ場は夕焼けがきれいです。

Dsc_2850

Dsc_2855

テントに戻ると、持ってきた防寒ズボンをスウェットの上から履いてさらに冬用のジャケットを着たまま寝袋に入りやっと落ち着き、眠りに入ることができました。途中で暑くてこれらを脱いでいたのを起床時に気が付きました。。

キャンプ場の朝は澄んだ空気の中に小鳥の鳴き声が響いていてとても気持ちが良かったです。
対岸に見える恵庭岳、いつか登ってみたいと思いました

Dsc_2873

でも11時までに退出しないと、追加料金を足られるのでゆっくりもしていられませんでした。
予想通り前日のお酒が残っていて、頭と体が重苦しい中、何とか撤収作業をしました。

いつも楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

札幌市内に帰る途中に美しい景色に出会ったので写真に撮りました
北海道の初夏という感じです。

Dsc_2880

思えば、私のキャンプ体験。一番古い記憶は小学生低学年のころです。当時円山にあった合気道柔術教室に父と一緒に通っていました。その教室の先生方と一緒に行った夏の海キャンプ、かなりの大人数でいきました。大人はみんなお酒を飲んで酔っ払っていたのを覚えています。2年連続で行きましたね、あの髭のお兄さんは何をしているのでしょうか。また、ボーイスカウトかなんかのサマーキャンプに参加したのもこのころで、山キャンプだったのをほんのかすかに覚えています。
私の両親は共稼ぎで家族を養うために忙しく働いてくれていたので物心ついてからはファミリーでキャンプどころか家族で外出した記憶すらありません。でもたった一度だけ、私が小学校高学年だった頃でしょうか、父が上の弟と私を苫小牧の海でのキャンプに連れて行ってくれました。何を食べたとか全く覚えていませんが、普段は忙しい父が連れて来てくれたのが印象的だったのでしょう。苫小牧の海の青、曇天の砂浜、テトラポッド、オレンジ色のテント、父の赤いマツダ車、これらの記憶が強烈に残っています。一度きりの体験ですが本当に大切な思い出です。

その後、高校生になってからは毎年夏に小樽蘭島の海岸でキャンプをしました。高1の頃は友人の家族キャンプにゲストとして招かました。高2の時は仲の良いクラスメート数人と、高3の時は同じ高校のバンド、音楽仲間と一緒に行きました。高2、高3の時はテントなどをどう準備したかほとんど記憶にないのですが私は何も持って行かなかったので友人が用意してくれたのでしょう。高3の頃は女の子たちも一緒でまさに青春を謳歌していましたね(笑)この時、友人の一人(男性です)がその父親が外泊を許さず、仕方なく夜遅い時間にJRで帰宅し次の日の早朝またやってきたということを覚えています。なかなか私は変なことを覚えています。高校生の時のキャンプは大自然や景色、バーベキューなどの食事を楽しむというものではなくただ単に友達と一緒にいるから楽しいといったものでした。食事もコンビニ弁当でしたね。
今回は高3の時以来20数年ぶりのキャンプでしたが、一緒に行ってくれた知人や家族とともに語らうのも楽しいですがそれに加えて、日常の雑事から離れ、雄大な自然の息吹を感じながら、もの思いに耽るのも最高に幸福を感じます。今年は多くはできないと思いますが、可能な限りキャンプに出かけたいです。今回ご一緒してくれた皆さんありがとうございました。

2019/05/02

2019 桜だより(2)

函館で満開の桜を楽しんだ後に札幌に戻ってきました。
少し旬の時は過ぎたかもしれませんが少し載せます。

札幌市内定番の花見場、円山公園。
やはり桜は終わりかけ。それでもたくさんの人がバーべキューや酒盛りを楽しんでいました
あまり桜は関係ないのでしょうね(笑)

Dsc_2755

Dsc_2772

こちらは円山動物園内。この行列は新しくできたゾウ館の前で入場を待つ人々のものです

Dsc_2777

せっかくなのでゾウの写真も。。。

Dsc_2800

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »